幼児のための学校で教師として働くためには

勉強って楽しい!

なるために

幼稚園教諭を目指して、4年制大学や短期大学、専門学校に通っている人がたくさんいます。幼稚園教諭になるためには、まず幼稚園教諭免許状というものが必要となりますが、学校を卒業することで取得することが出来ます。

幼児教育の多様化

少子化と言われる日本ですが、現在は待機児童の問題も挙がるほど、子供は全国に数多くいます。
その子供向けの保育園や幼稚園、英会話スクールや習い事の教室なども増加傾向にあります。
幼児のときから習わせたほうが、覚えるのも上達も早いとされているため、様々な幼児向けのスクールがあります。
小学校受験をさせるための塾も存在していて、そこには多くの子供が受験対策のために通っています。

小学校入学の前に入るところが、幼稚園と呼ばれるところです。
その幼稚園で働く幼稚園教諭になるための大学や短大も数多くあります。
先生になるためには、保育士も幼稚園教諭も同様に、資格が必要となります。
資格取得のために、大学や短大に行って座学を学びます。
以前は多くの女性が目指す職業でしたが、現在は多くの男性も資格取得をして幼稚園教諭として働いています。

教師というと、学校で数学や国語といったことを教えるというイメージですが、幼稚園で働く先生は少し異なります。
小学校に上がる前の段階として、読み書きや計算を教える場合もありますが、多くのところで保育園のような形で生徒を預かっています。
様々な遊びを通して、人間関係や社会のマナーを学ぶところとなるので、それに沿ったことを幼稚園教諭は教える必要があります。
一日中子供と接する仕事になるので、子供が好きな人に向いている職業とも言えます。
教師という固いイメージはなく、優しいイメージを持たれやすいのも特徴の1つでしょう。

選ぶ方法

幼稚園教諭になるための大学や専門学校は全国各地にあるので、その中からどこに通うのかを決める必要があります。学校によって学費が異なるので、慎重に選んでいきましょう。

短期大学で学ぶ

幼稚園教諭の資格は、4年制大学や専門学校だけでなく、短期大学でも取得することが出来ます。短期大学に入学して学ぶことで、長い時間を掛けずに短い期間で資格取得することが出来ます。

通信制という道

普通の大学に通う時間がない人は、通信制の大学で幼稚園教諭の資格を取ることが出来ます。通信制であっても、通常の大学と同じ1種の免許状が取得出来るようになっているので、多くの人が通信制大学に入学しています。

幼稚園教諭の仕事

幼稚園教諭の仕事は、子供たちの成長を助けるというものです。幼稚園の中で集団で過ごすことで、社会性を学ばせたり、昼食時間には食事のマナーを教えたりします。大学や専門学校で、幼稚園教諭になるための資格取得が可能です。

Copyright© 2015 幼児のための学校で教師として働くためには All Rights Reserved.